松葉かに

かにの美味しい食べ方(簡単おいしいレシピ)

かには、「活がに」、「生がに」、「茹がに」の3つの状態で売られており、その料理法もさまざまです。
お勧めの食べ方としては、「活がに」はかに刺し。「生がに」は鍋。
その他には、しゃぶしゃぶ、焼がになど「茹がに」は是非そのままで。鍋などには使わないでください。


難しそうだが意外と簡単! 新鮮なかにならぜひ刺身で。
◆刺身◆

この殻はつけたまま両面を削いで殻を取り除きます
身の部分を氷水にいれます
花びら状に仕上がります
  1. かにの足は冷水でさっと洗います。
  2. 包丁で両面を削いで殻を取り除きます。
  3. これを氷水に入れます。
  4. 身がしまり花びら状になれば出来上がり。これを水切りしてから刺身としていただきます。

削いだかに殻利用した甲羅酒もいかが?

削ぎとった足の殻を直火でこんがりと焼き、ぐい飲みかおちょこにそれを入れ熱い酒を注いで一分程度待ったら出来上がり。
かにの刺身

◆かにすき◆

  1. 土鍋にだし汁を用意します。(昆布、鰹節などでだしをとります)
  2. だし汁が沸騰してから、調理したかにを入れます。
  3. かにが赤くなれば食べごろです。(煮すぎないよう食べる分だけ鍋に入れましょう)
  4. 白菜、春菊、ねぎ、大根などの定番野菜や豆腐などを少しずつ加え、ポン酢などでお召し上がりください。

かにすきが終わればぜひ雑炊を!

  1. 鍋の中の残り物をすべて引き上げ沸騰させます。
  2. 水洗いしたご飯をいれふたをします。(ごはんは入れすぎないように)
  3. 再び沸騰したら、溶き卵をまわしいれふたをして火を消しむらします。
  4. のりをふりかけてどうぞ。
かにすき

◆焼がに◆

ホットプレートで簡単に・・・


  1. アルミホイルを敷いたホットプレートを用意して下さい。
  2. かにの足を縦に削いでください。
  3. 焼く時はホットプレートは蓋をして、蒸らすようにしてください。赤く焼き上がれば食べごろです。
    (焼きすぎないのがポイントです。)
  4. 天然の塩味がついていますが、お好みにより食塩を少々ふりかけてください。
※本格的に楽しみたい方は、是非七輪に炭をおこして焼き雰囲気も楽しんでください。
焼がに

一番シンプルでいて難しい調理法
◆茹でる◆

姿がに

《前処理》

活がに・・・

真水につけるもしくは冷凍庫に入れ安楽死させる。
※生きているかにをそのまま熱湯に入れると足がバラバラに脱落します。

冷凍品・・・

流水で完全に解凍します。
※自然解凍だと身の水分が出てしまい、風味がなくなります。

《茹で方》

大きな鍋にたっぷりとお湯を沸かし、海水くらいの塩加減にし、甲羅が下、腹が上を向くように前処理をしたかにを入れ再び沸騰してから、小さいかには約20分、大きいかには約25分ゆでます。
※切がにの場合は沸騰後5~6分ゆでます。
茹で姿がに
ポイント:甲羅が下、腹が上を向くように!

ちょっと調理 せこがにが手に入ったら・・・
◆せこ汁(かに汁)◆

  1. せこがにをひっくり返し(甲羅が下になるように)包丁で半分に切ります。
  2. 水の入ったなべに①を入れ、煮立ったらアクをとり短冊切りにした大根をいれます。
  3. 大根が煮えたら、最後に味噌を入れ、青ねぎを浮かします。
せこ汁(かに汁)

◆かにの身入りかにみそ焼きおにぎり◆

[材料]

・米          ・・・ 2合
・かにの身入りかにみそ ・・・ 60g
・味噌         ・・・ 30g
・大葉         ・・・ 16枚

[作り方]

  1. おにぎりを作る。
  2. かに味噌と味噌を混ぜ合わせる。
  3. おにぎりの両端に②を塗り付け、こんがり焼く。
  4. 大葉を貼り付けて、できあがり。
※焼くことによって、かにみその風味が際立ち、香ばしくおいしいです。
かにの身入りかにみそ焼きおにぎり

◆かにグラタン◆

  1. ボイルしたずわいがにの甲羅をはずして洗い、器として使います。殻から肉を取り出します。
  2. みじん切りの玉ねぎをバターでいため、マッシュルームのスライスを加え、かに肉を入れさっといためたら白ワインをふり、蒸し煮します。
  3. ②をホワイトソースとあわせて甲羅に詰め、粉チーズをふり、オーブンで色がつくまで焼きます。
    (かにみそを加えてもGOOD!)
かにグラタン