知って得する「松葉がに」情報
●「松葉かに」ってどんなかに?
 

Q1.松葉かにってどんなかに?
ズワイガニの雄のことを山陰地方では「松葉かに」と呼んでいます。
水揚げされる地方によっても呼名が違います。
丹後半島では「間人蟹」、北陸では「越前蟹」「ずわい蟹」、秋田地方では「たらば蟹」と呼んでいます。
漁獲時期は11月6日から翌3月20日頃まで
Q2.何で松葉かにって言うの?
正確なことは良くわかってないですが、よく言われている3つの諸説があるので紹介します。
1. かにの殻をはいで水につけると身が松葉のように広がるから
2. 昔ゆでるため浜に大釜を据え松葉を集めて燃やしたから
3. 松葉が落ちるころに獲れるかにだから
Q3.「せこかに」ってどんなかに?
ズワイガニの雌のことを山陰地方では「せこかに」と呼んでいます。その他「親がに」とも呼ばれたりします。
雄と同様水揚げされる地方によって呼び名が違います。
香住では「子持がに」とも呼ばれ、京都では「コッペ」、北陸では「せいこ蟹」「こうばこ蟹(こうばく蟹)」などと呼んでいます。
この外子と内子がとてもおいしく人気のある逸品です。
漁獲時期は11月6日から翌1月10日の約2ヶ月間だけです。

外子・・・腹に抱いている卵のことです。卵の成長の度合いによりオレンジ色のものや、エンジ色のものがありますが、どちらもツブツブ、プチプチとした食感がたまりません。
内子・・・甲羅の中にあるオレンジ色のかたまりです。これは、かにの卵巣です。独特な味と香りがあり珍味として珍重されています。

Q4.「かにみそ」ってかにの脳みそ?
「カニみそ」と呼ばれているもの(暗褐色)は、「肝膵臓(かんすいぞう)」といい肝臓と膵臓の働きをしている器官で、脳みそではありません。
この中には多量の脂肪やグリコーゲンが、含まれています。栄養分が豊富で、美味ですが、1匹の中には少ししか入っていません。
Q5. なぜ、オスガニとメスガニの大きさが違うの?
カニやエビなどの甲殻類は、脱皮を繰り返して大きくなります。メスガニは甲羅幅が7〜8cm程度になると、成熟して産卵を行うため脱皮しなくなります。つまり、それ以上は大きくならないということです。
それに対して、オスガニは脱皮を繰り返し、どんどん大きくなっていきます。
Q6. 甲羅に付いている小さな黒い粒は何?
黒い粒は「カニビル」という「ヒル」の仲間の卵です。
「カニビル」はカニにも人にも何の害も与えません。 それどころか実は、甲羅に「カニビル」の卵がたくさん付いているほど、脱皮後の時間が経っており、身入りがよく、上質であると判断できます。
Q7. ゆでると赤くなるのは?
甲羅にはカロチノイド系の色素である「アスタキサンチン」という色素が含まれています。
生のときにはこれがタンパク質と結びついていますが、加熱するとその熱によってタンパク質が変化を起こし、空気中の酸素により酸化して赤くなるのです。
Q8. 松葉かには何を食べているの?
肉食性で、魚類(但し、生きた魚は捕らえられないので死んで海底に落ちた魚)、ナマコ類、クモヒトデ類、ウミユリ類、エビ類、カニ類、イカ、タコ類、二枚貝類など多種多様です。
脱皮前後には餌をあまり食べないみたいですが、脱皮後は共食いや自らの脱皮殻を食べていることが観察されているそうです。